Apple
Apple

Parallels Desktopを15にアップグレード【Parallels 14との違いも解説】

こんにちは、ゆうすけです。

普段、私は仕事でブラウザチェックなどを行う必要もあり、MacでWindowsを動かすために『Parallels Desktop』を使用しています。

そのParallels Desktopが、たまたまGW前のセールで25%オフだったので、アップグレードしてみました。

スポンサーリンク

Parallels Desktop 14との違い

Parallels Desktop 14との違いは次のようになっています。

  1. macOS 10.15(Catalina)に最適化済み
  2. DirectX 11サポート
  3. Bluetoothの接続性が向上
  4. パフォーマンスの向上
  5. Apple PencilとSidecarサポート
  6. Finderからファイルをメール送信可能
  7. Windowsでスクリーンショットプレビューを利用

詳細はParallels Desktop 15 for Macのページを確認してみてください。

このうち、1〜4まではパフォーマンス向上系、5はmacOSの新機能サポートと、なんとなく想像が付くのですが、『6. Finderからファイルをメール送信可能』『7. Windowsでスクリーンショットプレビューを利用』というのがよくわからなかったので、調べてみました。

6. Finderからファイルをメール送信可能

説明をよく読んでみると、MacのFinder上から任意のファイルを右クリックして、Windowsのメールに添付した状態で開くことができる機能のようです。

右クリックすると【Send with Windows Email App】が選択できるようになる

この機能を使用するには、Macのシステム環境設定から【機能拡張】→【共有メニュー】→【Send with Windows Email App】のチェックを付けておく必要があります。

【Send with Windows Email App】にチェック

個人的には、メールは普通にMac上で送受信するので、Windowsからメールしたいと思うことは無いのですが、そういう需要もあるのでしょう。

7. Windowsでスクリーンショットプレビューを利用

これは、macOS上で撮ったスクリーンショットをWindowsのアプリ(ペイントなど)に貼り付けすることができる、という機能のようです。

私はMac上で画像編集を完結させるので、Windowsでスクショを使いたいと思うことは無いのですが、オフィス系のソフトをWindows上でよく使用される方にとっては使える機能かもしれませんね。

Parallels Desktop 15へのアップグレード方法

アップグレードは特に難しいことはありません。

ファイルをDL後、ダイアログの手順通りに進めれば迷うことはないと思いますが、簡単に手順をご紹介しておきます。

1. アップグレードライセンスを購入

Parallels 14を持っている場合は、アップグレードライセンスを購入することになります。

Parallels Desktop for Mac の購入

ライセンスは、単品購入買い切りの『通常版』と、毎月料金を支払うサブスクリプションプランである『プロエディション』があります。ちなみに私は、GWセールの25%オフで通常版を3,903円(税込)で購入しました。

アップグレードライセンスを購入すると、注文確認のメールが届きます。後ほどアクティベーション時に使用するプロダクトキーが記載されているので、メールは削除などしないようにしましょう。

2. Parallels Desktop 15 for MacをDL

Parallels Desktop 15 for Macのページの【無償トライアルをダウンロード】ボタンから、ファイルをDLします。

Mac で Windows を実行 — Parallels Desktop 15 Virtual Machine for Mac
Mac ユーザーに選ばれて No. 1。再起動することなく、Microsoft Office、Internet Explorer、Visual Studio、QuickBooks などの Windows アプリケーションを実行できます。無償トライアル!

3. Parallels Desktop 15 for Macのインストール

DLしたファイルをダブルクリックで開き、【インストール.app】を実行します。

【インストール.app】をダブルクリック

次のダイアログが出た場合は【開く】をクリックします。

【開く】をクリック

パスワード入力画面が表示されるので、ユーザ名とパスワードを入力し、OKをクリックします。

ユーザ名とパスワードを入力

アップグレードの場合は、以前のバージョンが削除されます。

アクティベーションキーの入力画面が表示されるので、アップグレードを購入した時に届いたメールに記載されている、プロダクトキーを入力します。

プロダクトキーを入力

有効なプロダクトキーを入力すると、次の画面が表示され、アクティベートが完了します。

Parallelsのメニューの【Parallels Desktopについて】を見てみると、ちゃんとバージョン15にアップグレードされていることが確認できました。

Parallels 15上でのベンチマークを測ってみる

Parallelsのアップグレードが終わったので、Parallels Desktop 15のWindows上でベンチマークを計測してみました。

使用したベンチマークソフトはCINEBENCH R20です。

CPU(※マルチコア)が608 pts、CPU(Single Core)が321 ptsという結果でした。

私のPCはMacBook Pro (15-inch, 2016)で、CPUはSkylake世代になります。Rankingの欄を見ると、参考の他CPUと比べかなり下の方に位置してますね。(オレンジのグラフが自分の値)

4年前のPCなので、こんなもんかなという感じです。

macOS上でも計測してみた

相対的に比較するものが無いので、macOS上でも計測してみました。

CPUが1506 pts、CPU(Single Core)が336ptsでした。

マルチコアのCPUスコアがParallelsと比べ高くなっていますが、これはParallels上での有効プロセッサ数が2となっているためです。

シングルコアのCPUスコアを比較してみると、ほとんど変わらないことから、Parallels Desktop 15はWindows上でも有効にCPUを活用できていると言えそうです。

まとめ:Parallels Desktopを15にアップグレード【Parallels 14との違いも解説】

私の使用シーンだと、Windowsはほぼブラウザチェックでしか使用していない為、今回のアップグレードの新機能の恩恵は正直少ないのですが、多少のパフォーマンスアップを期待してアップグレードを行ってみました。

本当はParallels Desktop 14とのベンチマーク比較ができれば良かったのですが、そこまで頭が回っておらず、アップグレードしてから気づきました。

3D機能なども強化されているとのことなので、Windowsのゲームをやりたいとか、オフィスをWindows上でバンバン使うという方は、アップグレードを検討してみても良いと思います。

私のMac環境はまだMojaveのままなのですが、Parallels Desktop 15はCatalinaに最適化されているということなので、macOSのアップデートを行ったら、また検証してみたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました