Apple
Apple

MacBook Proのバックアップにも最適【ロジテックのHDDスタンドレビュー】

こんにちは、ゆうすけです。

最近のMacBookはSSDなのでスピードは速くて良いのですが、ずっと使っていると段々と容量が足りなくなってくるんですよね。そんな時は外付けHDDやSSDを増設するが第一の選択肢になると思うのですが、HDDスタンドに内蔵HDDやSSDを差して使用するという方法もあります。

本記事では、私がMacBook Proで実際に使用している『ロジテックのHDDスタンド』をご紹介します。

『持ち歩く必要が無い』という前提になりますが、内臓HDDをHDDスタンドで使用するという方法もコスパが高いので、MacBook Proの外付けHDDを探しているという方がいれば、HDDスタンドを候補に入れてみるのも良いと思います。

スポンサーリンク

HDDスタンドとは?

HDDスタンドとは、内蔵のHDDやSSDを差して使えるようにするPCの周辺機器です。

これが『HDDスタンド』です(机のホコリが目立っててすみません…)

HDDスタンド自体はUSBで接続するため、ノートPCやモニター一体型のPCなどでも内蔵HDDを使えるようになります。また、HDDをカートリッジのようにガチャガチャと抜き差しできるのも特徴です。

HDDスタンドを使うと、本来内蔵するためのHDDがむき出しになるので、最初はこの見た目に慣れないかもしれませんが、使用上の問題はありませんので安心してください。

ロジテックのHDDスタンド『LHR-2BDPU3ES』

ロジテックのHDDスタンド自体には名前はついていないようで、型番である『LHR-2BDPU3ES』としか表記されていませんでした

amazonの商品ページでは『ロジテック エラースキップ機能搭載 SATAIII・10TB対応 2BAY スタンド型デュプリケーター』となっており、『デュプリケーター』と名がつくとおり、このHDDスタンド単体でHDDをコピーすることができます。

このHDDスタンドの特徴

  • PCレスでクローンドライブ作成(HDDコピーのことです)
  • エラースキップ機能搭載
  • HDD差し込み口にカバーがついており、ホコリの侵入を防ぐ
  • SSDにも対応
  • SATA III対応
  • USB 3.1 Gen1(USB 3.0)
  • 最大12TBの大容量HDDに対応
  • PCの電源状態を感知する電源連動機能を搭載

詳細はロジテックの製品ページを確認してみてください。

私はこのロジテックのHDDスタンドに『SeagateのIronWolf 2TB』を2つ差して使っています。

SeagateのIronWolf

参考までに、以下はロジテックのHDDスタンドに『SeagateのIronWolf 2TB』を差してスピードテストを行ってみた結果です。

書き込みが125.2MB/s、読み込みが145.5MB/sでした。

IronWolf 2TB(ST2000VN004)の最大転送速度が『180MB/s』ですから、最大転送速度とまでは行かなくとも、このロジテックのHDDスタンドがボトルネックになっているなどということは無く、納得できる数値だと思います。

HDD / SSDの入れ替えが容易

HDDスタンドは、むき出しのカートリッジ式なので、HDD / SSDの入れ替えが容易です。また、このロジテックのHDDスタンドは、HDD差し込み口にカバーがついているので、HDDを差していないときでもホコリの侵入を防ぐことができます。

他のHDDスタンドだと、HDD差し込み口にカバーがついていても2.5インチベイ部分はカバーが無いという製品もあるのですが、このロジテックのHDDスタンドには2.5インチベイにもカバーがついているのでより安心です。

前述したとおり、私は現在『SeagateのIronWolf』という内蔵HDDを使用していますが、更にディスクスピードを上げるために、内蔵SSDにすることも考えています。そんな時にもHDDスタンドであれば、HDDからSSDに入れ替えるだけなので簡単です。

このHDDスタンドをもう一つ追加して、SSDは普段使い用、HDDはバックアップ用というように拡張も行いやすいです。

万一の時の備えとして

先ほど『ロジテックのHDDスタンドの特徴』として挙げた以下の2点。

  • PCレスでクローンドライブ作成(HDDコピーのことです)
  • エラースキップ機能搭載

これらは、HDDが不調になった時の万一の備えとして使えます。

HDD内のどこかに不良セクタがあると、コピーができなかったりするのですが、このロジテックのHDDスタンドであれば、不良セクタをスキップして強制的にコピーすることが可能です。(私自信にはその経験が無いので、実際にエラー時どのような挙動をするのかはわかりません)

エラースキップをしてコピーされたHDDは、正常に動作しない場合もあるようですが、amazonのレビューを見る限り、この機能に助けられたという方が一定数いるようです。

できればそういう自体にはなってほしくないですが、万一そうなった時の備えとして、このHDDスタンドがあれば多少は安心できますね。

ロジテックのHDDスタンドレビューのまとめ

私は最初、HDDスタンドというものを知らなかったのですが、外付けHDDを買おうと思って色々調べているうちにHDDスタンドという選択肢にたどり着きました。

実際に使ってみて、現在までにこのロジテックのHDDスタンドを使用中にエラーや不調になったことはありません。内部の細かい仕組みはわかりませんが、見た感じシンプルな作りなので、そんなに壊れるようなものでも無いのでしょう。

私は知名度と見た目からロジテックのものを選択しましたが、自分で調べてみて納得できたものを買えば良いと思います。外付けHDDに比べ、内蔵HDDほうが安く信頼性の高い製品も多いので、HDDスタンドが今まで選択肢に無かった方も、検討してみると良いと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました