NHKを解約するまでの手順を解説(完全正攻法)【受信料約1年分返金】

生活

こんにちは、ゆうすけです。

もう昨年のことになりますが、ある日クレジットカードで覚えのない金額の請求があることに気づきました。

それこそがNHKの放送受信料だったわけですが、うちにはテレビがありません。
以前設定していた12ヶ月前払いのクレカ自動引落がそのままになっていたんですね。

なんてこった…!

最終的には解約手続き後、引き落としがあった約1年分の受信料を返金してもらうことができましたので、その際のNHK解約までの手順をまとめておきます。

繰り返しになりますが、我が家にはテレビがありません。
スマホにもワンセグなどついておらず、NHKを全く受信できない状況で、今回解説する手順は完全正攻法となります。
虚偽の報告でNHKを解約することはやめましょう。

NHKの受信ができない状況で、解約までの手順を知りたい方は、参考にしてみてください。

NHKを解約するまでの手順

解約するまでの手順は意外と簡単です。

  1. NHKふれあいセンターに電話で問い合わせ
  2. 郵送で『放送受信契約解約届』が送られてくるので、記入後返送
  3. 返金用の口座に振り込まれたことを確認

一つづつ説明していきます。

1. NHKふれあいセンターに電話で問い合わせ

まずはNHKを解約したい旨を電話で伝えましょう。

NHK受信料の窓口-受信料関係のお問い合わせ先
放送受信契約の受付・受信料に関するお問合せ・受信相談のお問合せ・自動音声サービスのお問合せ先を紹介しているページです。

解約のことを言うと嫌な対応をされるのでは?と頭をよりましたが、実際はとても丁寧に対応してくれました。

本人確認として、『お客様番号』や契約時の『住所』などが必要になります。
私の場合は、既に契約時の住所から転居していたため、思い出すのに一苦労しました。

併せて解約の理由について聞かれるので、正直に答えます。

電話での確認が済むと、『放送受信契約解約届』というものが郵送で送られてきます。
担当してくれた方によると、放送受信契約解約届はなるべく早めに返送してほしいとの事でした。

放送受信契約解約届けが届くまで、しばし待ちましょう。

2. 『放送受信契約解約届』に記入後、返送する

『放送受信契約解約届』は少し忘れかけた頃、電話してから1ヶ月程経って、やっと届きました。

早めに返送して欲しいとのことでしたが、届くのは遅かったですね…。

放送受信契約解約届の写真
NHKから『放送受信契約解約届』が届きます

こういった案内文書とともに『放送受信契約解約届』が郵送で送られてくるので、必要事項に記入し返送します。

記入すべき内容は、基本的に電話で聞かれた事項(解約の理由など)と同じです。

3. 返金用の口座に振り込まれたことを確認

返送後、『放送受信契約解約届』が受理されたなどというアナウンスは特にありませんでした。

気づいたら返金されていた、という感じです。

私の場合は、返送後1ヶ月弱で返金されました。
『放送受信契約解約届』が届くまでの時間と比べると、返金までの時間は早かったように思います。

返金された金額は11,470円でした。

NHKからの返金は11,470円

NHKの放送受信料のクレカでの12ヶ月前払額は13,990円なので、差額の2,520円は日割り分でしょうか。

もうちょっと早く解約届を送ってくれれば…とも思いますが、まぁ元々お金は戻ってこないものだと思っていたので、全額でなくとも戻ってきただけ良しとします。

実は4年間、無駄にNHK放送受信料を払っていました

私は2015年から2018年まで、フィリピンのセブに住んでいました。

セブのイメージ
この時はNHKの放送受信料を払い続けているとは思っていませんでした…

今回NHKの放送受信料の請求に気づいて解約に至ったわけですが、実はセブに住んでいた間も無駄に放送受信料を払ってしまっていました。

国外転出届を出し、住民票も抜いていったので、もちろんNHKを受信できる状況にはありませんでした。

しかも2018年の帰国後も、テレビを購入せず、受信設備が無い状況でしたので、合計4年間も無駄にNHKの放送受信料を払っていたのです。
金額にして55,960円ですかね。

まぁ今回気づいて良かったとも言えますが、おバカさんですね…。

いくらNHKが国と強い繋がりがある放送局とは言っても、個人の住民票の有無まではフォローしてくれないので、1年以上国外に滞在される予定がある方は気をつけてください。

住民税などは事前に調べていたのですが、NHKの放送受信料については頭から抜けていました。

ちなみに淡い期待で、このこともNHK解約の理由として記入していたのですが、さすがにこの分の返金はありませんでした。

NHKの受信設備が無い方は、解約手続きをしましょう

今回の事例から、1年前払いをしてしまった後でも、年の途中で受信設備が無くなった場合は、その分の差額を返金してもらう事ができると言えそうです。

電話したり、書類記入後返送したりと若干の手間はありますが、損することは無いので、忘れる前に解約手続きを進めてしまいましょう。

思い立った時にやらないと、私のように忘れてしまい、次年度もまた払ってしまう可能性もありますからね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました