カメラ
カメラ

ピックアップリペアサービスで修理に出してみた【ちょっと注意点あり】

こんにちは、ゆうすけです。

最近、PENTAXのレンズ『HD PENTAX-DA 16-85mmF3.5-5.6ED DC WR』の調子がよろしくない…。50mmより望遠側でAFが行ったり来たりで合焦しない事があるんですね。

これは修理が必要だ…という事で、PENTAXの『ピックアップリペアサービス』を利用して修理に出してみました。

スポンサーリンク

ピックアップリペアサービスとは?

ピックアップリペアサービスとは読んで字のごとく、修理に出す製品を自宅までピックアップしに来てくれるサービスの事です。

このサービスは日本全国どこからでも電話一本で弊社指定の宅配業者(ヤマト運輸)が梱包資材を持ってお伺いし、故障した製品を梱包してお預かりのうえ、弊社修理拠点まで安全にお届けするサービス(無料)です。

修理に関するご相談・修理受付/ピックアップリペアサービス(修理のお申し込み)

ヤマト運輸さんが梱包資材を持って来てくれるので、こちら側では梱包や箱詰めなどをする必要がなく、修理する製品と修理依頼表を用意しておけば良いので楽ちんです。利用料も無料(修理代別途)です。

ピックアップリペアサービスを利用する手順

ピックアップリペアサービスを利用する場合、事前の申し込みが必要です。とは言ってもオンラインのフォーム上で必要事項を入力するだけなので簡単です。

1. 修理のお申し込みページからピックアップリペアサービスを申し込む

修理のお申し込みページから申し込みます。『インターネットによるお申し込み』と『電話によるお申し込み』する方法があるのですが、今回はインターネットで申し込んでみます。

ページ下部にある【お申し込みはこちら】ボタンをクリック

【お申し込みはこちら】ボタンをクリックすると、利用規約が表示されるので、問題なければ先に進みましょう。その後製品の選択画面と故障内容などの詳細を入力するフォームが開くので、必要箇所に入力してください。確認画面で入力に問題がなければ、【登録する】ボタンをクリックして申し込みは完了です。

入力項目自体は特に問題無くそのまま入力していけば良いのですが、ここでちょっとした注意点があります。

入力する際の注意点

修理品をピックアップしてもらう際に『修理依頼表』or入力したフォームの『確認画面』を印刷したものが必要になります。

さりげなく書かれているので、後から気付きました

『修理依頼表』に記入する項目はフォームと同じでなので、フォームの確認画面を印刷しておく事をオススメします。(せめて自動返信メールに入力内容が記載されていれば良いのですが、それも無いんですよね…)

2. ヤマト運輸さんに修理品を渡す

申し込みができたら、ヤマト運輸さんが受け取りに来てくれるので、すぐに修理を依頼する製品を渡せるように、上述した『修理依頼表』or『確認画面を印刷したもの』を用意しておきます。梱包資材はヤマトさんが持ってきてくれるので、自分で梱包する必要はありません。

修理品をそのまま手渡すだけなので、「これで大丈夫だろうか?」と思うかもしれないですが、相手もプロなので信頼してお任せしましょう。

ちなみに私の場合は、申し込みをした翌日に受け取りに来てくれました。

製品を渡す時に『ご依頼主控』を受け取ります

3. 修理完成品を受け取る

修理が完了したら、またヤマトさんが届けてくれるので、修理品を受け取り代金を払えば完了です。

まとめ:ピックアップリペアサービスで修理に出してみた【ちょっと注意点あり】

ピックアップリペアサービスを利用するのは簡単ですが、フォームの確認画面の印刷だけは忘れないようにしましょう。

カメラはもちろん壊れないのが一番なのですが、意外と修理が必要になる事も多いんですよね…。今まで修理が必要な場合はリコーイメージングスクエアへの持ち込みで行っていましたが、ピックアップリペアサービスは利用料も無料なので、気軽に利用していこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました