PENTAX K-3 IIが基盤腐食で露出オーバー多発【トラブル事例紹介】

土砂降りのタイカメラ

こんにちは、ペンタキシアンのゆうすけです。

普段私は、PENTAXのK-3 IIというカメラを使っているのですが、過去2回ほど不具合で修理に出したことがあります。

初めてのトラブルが、結露による基盤の腐食だったのですが、今回はその時のトラブルを実際にかかった修理費を交えてご紹介します。

PENTAXのカメラの修理の出し方についてはこちらの記事をどうぞ↓

文末には今回のトラブルの原因になった、結露の防ぎ方も紹介しているので、参考にしてみてください。

PENTAX K-3 IIが基盤腐食で露出オーバー

まずは修理費の結論です。
もろもろの部品交換などを行い、修理費は消費税込みで32,724円でした。

K-3 II修理票
修理はペンタックスフォーラム…ではなく、リコーイメージングスクエア新宿に持ち込みました

安くは無いですね…。

『ご指摘内容』の欄を見てみます。

『ご指摘内容』の項目
  1. 受光センサー反応しない
  2. ファインダー内部表示しない
  3. GPS反応が遅い
  4. 結露等による上カバー内部フレキ腐食有り
  5. 外観化粧ネジ腐食

結構瀕死ですね。
内部が全部ダメって感じなので、3万円の修理費もしょうがないのかなと思います。

今回のトラブルの直接の原因は基盤の腐食でしたが、その起因となったのは内部結露です。

PENTAX K-3 IIは防塵・防滴の堅牢なカメラですが、壊れるときは壊れます。
というかカメラの結露はどんなメーカー、防塵・防滴の機種であろうと、関係なく起こります。

私が最初に不調に気づいたのは旅行中でした。
しかも海外で…。

旅行先で急なトラブル!タイで撮影してたらいきなり写真が真っ白に

2018年の夏頃、タイに旅行に行ったんです。
途中までバシバシ調子よく撮影していたのですが、我が愛機PENTAX K-3 IIにその時は突然訪れました。

(PENTAX K-3 II / 16mm, 1/3sec, f/3.5, ISO-3200)

それまで問題なく撮影できていたのに、急にシャッタースピードが遅くなり、かなり露出オーバーで写るようになってしまいました。

その時は雨が降っていて、確かにカメラも多少濡れていたのですが、K-3 IIとWRレンズ(HD PENTAX-DA 16-85mm F3.5-5.6 ED DC WR)の組み合わせでしたし、あまり水の侵入については考えていませんでした。

後々修理に出した時にわかったことですが、浸水した形跡はありませんでした。
防塵・防滴の機能はしっかりと果たされていたということになります。

ではなぜ基盤が腐食してしまったかというと、結露です。

半年前の函館山での撮影が原因?

実はこの不具合が出る半年ほど前に冬の函館に行ったんです。
函館山に登り、夜景を撮影しました。

写真はキレイに撮れました(PENTAX K-3 II / 26mm, 5sec, f/10, ISO-200)

その日は、それはそれは寒い日でした。

カメラの内部結露がいつ起こったかというのは、わからないのですが、この時の室内との寒暖差が半端無かったので、この時に結露したんじゃないかなと予想してます。
そしてしばらく経ってから、徐々に基盤を蝕んでいったのではないかと思います。

カメラの結露には気をつけよう!

(PENTAX K-3 II / 85mm, 1/125sec, f/10, ISO-400)

カメラ内部は結露することがある、というのは聞いたことはありましたが、まさか我が愛機であるK-3 IIにそんなことが起こるとは思っていなかったです。
でも実際は、意外と身近にトラブルの元はあるものなんだということがわかりました。

先ほども書きましたが、カメラがマグネシウム合金であろうと、防塵・防滴であろうと結露自体を防ぐことはできません。
結露しないようにするには、扱い方に気をつけるしかありません。

具体的な結露の防止方法

  • 水滴などがついた場合は、なるべく早めに拭き取る
  • 寒い時は外でレンズ交換をしない
  • 室内にカメラを入れるときは徐々に温度を慣らす
  • 室内と同じ温度になるまではレンズを外さない
  • 湿気を取るためにドライボックスに入れる
    湿気を帯びたカメラをドライボックスに入れる場合は、他のレンズなどは一時的に出したほうが良いと思います。

これで100%結露を防げるかというと、そうでは無いと思いますが、何もしないよりは全然マシです。

当たり前の対応方法もありますが、意識的に気をつけないと、意外とないがしろになっていることもあると思います。

3万円はカメラの勉強代と思って、今後に備える

3万円の修理代は、ちょっとしたレンズが買えるくらいの金額で、なかなか手痛い出費でした。

幸いにもK-3 IIはメーカー修理可能な製品ですし、個人的にもまだまだ使っていきたいと思っているので、この経験を活かして今後のトラブルを減らしていきたいところです。

皆さんも結露にはくれぐれも気をつけてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました